薬を服用して、深い睡眠をとれる体調にしましょう

PICK UP

  • 体の調整

    私たちの生活は今ストレスを多く抱えるような環境となっているのですが、それを自分なりに克服していく取り組みが必要となってきます。それなくしては病気のきっかけをつくることにもなり、自律神経失調へと繋がっていくのです。

  • 回復

    自律神経失調の治療にかかる費用や、どのような治療方法があるかという説明に加えて、その歴史についても説明しています。自律神経失調の人に対して時代の変遷とともに変化した治療方法についても順をおって触れています。

薬について

アモバン錠は筋弛緩作用などの副作用が比較的弱い睡眠薬です。

アモバン錠はマイスリー錠と同じ、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。アモバン錠は他の睡眠薬と比べると筋弛緩作用などの副作用が比較的弱い睡眠薬ですので、起きた時のふらつきが起きにくく転倒の原因になる可能性が低いことから、眠りの浅い高齢者が服用するのに適していると言われています。ただアモバン錠を服用する際には苦みを感じることがありますので、嚥下能力の低い高齢者の場合は医薬品服用用のゼリーなどを使用するとよいでしょう。ちなみにアモバン錠は個人輸入でも購入することができますが、沢井製薬からジェネリック医薬品が販売されています。沢井製薬のジェネリック医薬品のゾピクール錠の場合は、正規品のアモバン錠に比べると10gで約16円ほど安く手に入れることができます。しかしネット通販の個人輸入の場合でも、ネットショップによっては正規品でもかなり価格の安いアモバン錠を購入することも可能です。

睡眠薬の登場と歴史について。

医薬品としての睡眠薬が登場したのは、1869年頃だと言われています。当時は睡眠薬に対しての薬剤の特性や病状の区別などの知識がまだ熟知されていなかったために、鎮静薬としても睡眠薬としても使用されていました。ところが使用頻度が高くなったり過剰に服用されたりすることで、生命に危険が及ぶくらいの重篤な副作用が問題になることもありました。それから1957年頃から次第に抗精神薬などに使用する鎮静薬と睡眠薬とが区別され始め、さらには副作用の少ない睡眠薬の研究開発が進められるようになりました。その結果習慣性や筋弛緩作用などの副作用が少ないアモバン錠や、抗ヒスタミン剤の成分を配合した睡眠導入剤など、比較的安全な睡眠薬が登場するようになったのです。

PICK UP

  • 栄養を摂ろう

    自立神経が乱れてしまうと生活サイクルが狂ってしまいます。自立神経失調症は栄養素が無い状態になっている為、しっかりと栄養を摂取するようにすると症状が緩和する可能性も高いです。